虐待と言う言葉の認識の違い

最近は、よく聞く虐待

まあ、一言で言うならば、今はそう呼ぶけれど、昔はそんな言葉はなかった

_20191207_225830.JPG
こういったものが、虐待と言われてるものだけど、まだまだそれに含まれるものは、沢山ある

育児放棄とは違って、子供に愛情を注がない

抱きしめたりしない

子供の言い分をきかない

世間体ばかりを気にして、根本的な生き方や躾をしない

愛を教えない


等などが、虐待と一言で言われるものである

どれかひとつでも当てはまってませんか?

そう自覚してる親なんていませんよね

子供のためと思っていながら、子供のためには全くなってないこともあるから

大人も人間も基本身勝手な動物

世間体気にしてばかりだと、本音で子育てなんて出来ない

人は人、自分は自分、と言った信念を持たない限り、全ては虐待と呼ばれても仕方の無いこと

貴方たちは、親から愛を与えられましたか?

そして、幸せでしたか?

それが答えです

虐待と聞いて、暴力だけを想像する人は、酷い親だということを自覚してください

愛情をそそぎ、時には思い切り抱きしめる

褒める

教育方針を替えないこと

信念は曲げないこと

それが、幸せな家族象である

我が家は子育て終わったけど、まだ小さい子いる家庭では、ホントに子供のこと、将来のこと、何を考えてるかということ、何が足りないかということ

把握しなければ、子供も動揺して先には進むことの出来ない大人になってしまいますよ

子供には、愛が1番

愛は地球を救うのです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント