今頃流行りの「FIRE」とは?

最近よく聞くFIRE


早期退職して、早くから人生を桜花する、みたいな


私達にしたら、今更ですか?と言う感じですが、私は50にして社会的引退しましたが、ひとつ下のママ友がその一年前に、一人娘が社会人になったのと同時に早期退職をして、今は好きなことをして生活しています


私が10代の頃には、半年働いて稼いで、半年好きなことをする


と言うのが結構流行った事がありました


半年日本で働いて、半年海外で趣味をする、とか


半年水商売して、半年学校に通う、とか


色んな人が周りにいて、人は他人に迷惑さえかけなければ、特に一生同じ仕事をする必要は無い、同じ会社に勤めることは無い、そう学びました


私にはそういう生活はとても憧れでした


特にやりたい趣味も無かったので、半年も没頭するものも無かったので、余計羨ましく感じたのを覚えています


人は生きることを桜花するもの


どうせ生きるなら楽しく生きた方がいい


その頃は若い人ばかりでしたが、何かに囚われることも無く、自由に生きる、と言うのはこういうことなのか?と思いました


その頃の定年は60歳で、自衛隊は52から55と今と変わってません


そんなに長く同じ仕事をして、果たして楽しみはあるのだろうか?


退職金て、数十年後も変わらずに出るのだろうか?


なんて考えたのも覚えてます


人は何故、退職金を当てにして家やマンションを買う?


てことは、家やマンションの為に一生を捧げるのだろうか?


等も不思議に思いました


14歳で社会人となった私には、型にハマった生活をする気などサラサラなかったと思います


でも、色んなことに興味があったと思います


私が15歳の時に、最初の友達の自殺でとてもショックを受けました


人は呆気なく死ぬ


それから、2年おきくらいに友達が、事故死、病死、自殺、と死んでいきました


いつ何が起きるかわからないから、精一杯生きよう!


早いうちにそう決めていた私です


あの頃は長く同じ仕事が続かなかったら、何をやってもダメな人、みたいな時代でした


でも、今みたくニートなんかはいなかったように思います


好きなことのために身体で稼ぐ!


暴走族時代の仲間もみんな働いて車の改造費とかガソリン代は稼いでいました


働いて稼ぐと楽しいことがある!


みんなそう思っていたのかもしれません


今はそんな子はいないのでしょうね


そして、みんなあんなオヤジになっても、ペコペコと頭を下げる人生は嫌だ!と思っていたのも確かです


最近流行りのFIREは、若い人が目指しているらしいですが、実際にFIREした私達は、面白おかしく生きてますわ


FIREするつもりならば、家を買ったりマンション買ったり、無駄なものにお金をかけるのはやめた方がいいでしょう


生涯通して、持ち家よりも賃貸の方が遥かにお金はかからないのですから

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント